これが知りたかった!iPhoneの使える豆知識

メニュー
これが知りたかった!iPhoneの使える豆知識

スマホの先駆け的存在であるiPhone。世界でのモバイルOSシェアでは、20%をきる程度ですが、日本では、日本のモバイルOSシェアの70%近くを占めています。10人寄れば7人がiPhone。世界的に見ても、日本のiPhone利用率は突出しています。
それだけiPhone利用者が多ければ、「今更きけないiPhoneの基本的なこと」や「もっと便利に使うための豆知識」があるはず。
当サイトでは、なぜ日本でiPhoneが選ばれるのか?や高性能なiPhoneのカメラをうまく使いこなすポイント、さらに、使えば使うほど気になるバッテリーの消費を抑える豆知識などを紹介します。
iPhoneの使える豆知識で、フルにiPhoneを使いこなそう!

iPhoneのバッテリー消費を抑える豆知識

iPhoneをご使用されている方は多いと思いますが、充電したのに夕方にはバッテリーがなくなっているといった経験をされた方も多いのではないのでしょうか?
ちょっとした知識があるだけでiPhoneのバッテリーを長持ちさせることは出来るのです。
1.アプリ一覧でバッテリー使用状況を確認する
「設定」→「バッテリー」→右上にある時計ボタンをタップ
この操作により、アプリ一覧が表示されそれぞれのアプリ別のバッテリー使用状況が表示され確認ができると思います。
アプリの中には、画面を起動していなくてもバックグラウンド(見えない裏側)で勝手にネット通信を行い、起動しているものがあります。
こういったバックグラウンドで知らないうちに動作をしているアプリがたくさんあれば、バッテリーの過大消費にも繋がり、動作が重くなったりする原因にもなるのです。
そのため、勝手に動いているこれらのアプリを手動で管理する必要があります。
先ほど表示したアプリ一覧でバッテリー使用状況の高いアプリを確認します。
次に
「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」
でバックグラウンドで動作しているアプリの一覧を表示させ、先ほどの確認した使用状況の高いアプリをオフにしていきます。
普段あまり起動しないのにバッテリーの使用状況が高いアプリはほとんどがこのバックグラウンド処理が原因となります。
アプリ使用状況を確認する事は、普段ご自身で使っているどのアプリがバッテリーの消費に繋がっているかも確認が出来るので、そのアプリの使用を控えたりすることでバッテリー消費の節約にも繋げることが出来ます。
他にも
2.「位置情報サービス」を無効にする
3.「画面上部に表示されるポップアップ等の通知サービス」を無効にする
4.「「Siri」」「Spotlight検索」を無効にする
5.「画面の明るさの自動調節」を無効にする
などもバッテリーの消費を抑える有効な手法となります。
ちょっとした工夫や設定でバッテリーの消費が良くなったりするので是非お試し下さい。

Copyright (C) これが知りたかった!iPhoneの使える豆知識 All Rights Reserved.