これが知りたかった!iPhoneの使える豆知識

メニュー
安全性の高いiPhone、これも選ばれる理由のひとつ

iPhoneとandroidの性能について比較する際に見逃せない項目の一つに安全性がある。これはどういうことかというと、例えばウイルス感染のし易さやクレジットカードなどの個人情報の流失が挙げられる。
iPhoneとandroidこの二つにはれっきとした違いがある。結論から言うとiPhoneのほうが断然安全性が高い、それは何故かというとアプリのインストール管理の厳しさと開発者が明確になっているかどうかの違いにある。
iPhoneの場合、アプリの開発は自由であるが公開、配信についてはAppstoreの厳しい審査に通さなければならずウイルスの混入や不法なデータスキャミングが検知された場合は当然公開不可となる。
一方android端末の場合Google Play(android用アプリ配信サイト)の審査はかなり緩く、不法的なアプリであってもダウンロード可能になってしまっている場合が多々存在している。さらに危険なのはこのGoogle Playを介さずともアプリがダウンロードできてしまう点である。
最近では動画などのコンテンツのダウンロードリンクに見せかけ悪質なウイルスを混入させてしまう手口が流行していることも問題視されている。あくまでも個人的責任であるのは変わりないがiPhoneの方がシステム上ウイルスの侵入経路が少ないのでandroidユーザーには特に気を付ける必要がある。
さらにiPhoneの安全性が高いと言える理由の一つに開発メーカーの乱立もある。iPhoneを開発しているのはapple社一つだけなのに対し、androidは多くのメーカーが開発しているのでセキュリティシステムにそれぞれ違いがある点にも留意しておきたい。

Copyright (C) これが知りたかった!iPhoneの使える豆知識 All Rights Reserved.