これが知りたかった!iPhoneの使える豆知識

メニュー
使いこなしてる?iPhoneのカメラ機能

写真をうまく撮ろうと思っても、なかなかこつをつかむことができず、いつものようにシャッターを押すだけという人も多いのではないでしょうか。
実はiPhoneには、写真が上手になる機能がついていますから、その機能を使うことで、バランスのとれた安定した写真をとることができます。
その機能というのは、グリッドというもので、画面上にでている栓に写したいものを合わせることで、バランスのとれたプロのような構図の写真を撮ることができます。
このグリッド機能は、写したいものを線と交点に合わせるということを意識するだけで、いつもと写真の印象をがらっと変えることができます。
また、バースト撮影をすれば、毎秒10枚の写真を連続で撮影することができますから、お気に入りの写真を撮れる可能性が高くなります。
パースと写真の撮り方は、カメラアプリを開いて、画面下のバーで写真を選択し、ボタンを長押しすると、バースト写真を撮影することができます。
そのほかにも、手ぶれをしないで写真をきれいに撮影するためには、デジタルズームを使用しないで、両手でしっかりとiPhoneを構えて手ぶれを防ぐことが大切です。
もちろん、標準でデジタルズーム機能や手ぶれ補正機能がありますが、それ以前にしっかりと両手で構えることが重要です。
初心者には、露出やピント合わせが難しいかもしれませんが、液晶画面から被写体を長押しすると、自動で調整してくれますから、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができます。
また、iPhoneのカメラアプリというのは、シャッターボタンを押したときではなく、離した時にシャッターが切れるようにできていますから、手ぶれしにくいように、ボタンを長押しした状態で、撮影する瞬間に離すようにするとよいでしょう。

Copyright (C) これが知りたかった!iPhoneの使える豆知識 All Rights Reserved.